イベント概要

事業計画書を書くだけでは、事業は生まれない。足を動かし、顧客の声を聞き、本当に求められる事業をメンターと一緒に作る。

いま県内には、ビジネスプランコンテストや創業ワークショップなど、様々な創業支援事業があります。これらの事業は「プラン・アイデアを生み出す」支援(インキュベーション)に焦点が当たっていますが、生み出したビジネスの成長・持続支援をカバーするものではありません。

特にスタートアップビジネスにおける創業支援にはプランやアイデアへの一時投資だけでなく、事業収益力・持続力を身につけるための集中的なサポートも重要になります。そこでこのプログラムでは、そういったサポートをメンタリングを中心に行います。

名称

LakeSide Amplifier Program(LSAP)

主催

LakeSide Amplifier Program実行委員会
(旧称 Startup Weekend Shiga実行委員会)

日時

2016年10月1日・15日・22日(土曜)9:00〜18:00
2016年10月29日(土曜)15:00〜18:00(Demo Dayとして開催)

会場

長浜バイオ大学ドーム宿泊研修館(長浜市)
オプテックスにおの浜ビル(大津市)

内容

1ヶ月に及ぶメンタリングプログラム
・メンタリングを通して行う、自らの活動における顧客開発からマーケティング、収支計画等の見直し、再構築(リーンスタートアップ、デザイン思考のモデルを基に実施)
・ファンド、投資団体へのプレゼンテーションを通した資金獲得

参加費

1チームにつき10,000円 / 3回分+Demo Day(食費・交通費別)

対象

下記いずれかの対象テーマについて滋賀県内を拠点に活動する団体・個人のうち、これまで滋賀県で実施された各種創業支援・市民活動支援事業に応募・参加したことのある者
【対象テーマ】
・スタートアップビジネス
・地域課題の解決
・多文化共生の推進

申込

Peatix(イベント予約サイト)を通じて受付

顧客は誰か?市場戦略は?ビジネスプランを熟知した豪華コーチ陣が事業計画作成を支援。

「リーンスタートアップ(Lean Startup)」とは、仮説・検証・実装・修正の過程を迅速に繰り返しながらサービスを固めることで、無駄な要素を抑えて最小限のビジネスを素早く実現させる、新規事業立ち上げのマネジメント手法です。これまで主にIT企業で活用されてきた手法ですが、資金を頼りとせずに立ち上げる社会起業やNPOにも同様に活用できる手法であるとして、注目を集めています。

そこでこのプログラムでは、このリーンスタートアップの手法をもとに、参加者の皆さんのサービスを一緒に再検証していきます。顧客は誰か、顧客が本当に求めていることは何か、無駄な要素はどこか、といった、講座を聴くだけではわからないことを、豪華なメンター陣と一緒に見つめ直し、1ヶ月を通して各々のサービスへ反映させていきます。

地元有志の前で成果を発表!未来へ繋がる「Demo Day」。

3回のプログラムを終えると、参加者がこれまでの成果をプレゼンし、事業やサービスのデモを行うプログラムの集大成「Demo Day」を開催します。地銀や地元の投資家、VC、企業がジャッジとして参加し、実際に今後の投資や業務提携などを検討します。メディアや一般オーディエンスも見学することができ、1ヶ月間の成果を幅広く共有しあいます。